レンブラント・ファン・レインは1606年にスペインから独立を成し遂げつつあり、繁栄の階段を上っていたオランダで生まれた。

レンブラントは正にオランダ黄金時代に生きた画家である。

製粉業を営む中流階級の子で9人兄弟の末っ子だったレンブラントは、家族から大きな愛情と期待を持って、育てられることになる。
他の兄弟は家業を継いだり、職人になったりする中一人だけラテン語学校に通わせてもらっていることからも両親の愛情と期待が感じられる。

この愛情がのちのレンブラントを大きく支えることになる。

続きを読む