美術鑑賞の勧め・楽しみ方編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

私事ですが最近車の免許を取得しました。

これで今までは行きにくかった、少し遠方の美術展にも行けるようになったので、興味のある美術展には積極的に行くつもりです。

 

今までいろいろな美術展を見てきました。

好きな作家さんの個展を見に行くために東京に夜行バスで行ったりもしました。

疲れてふらふらで鑑賞した記憶があります。

 

そんな私が美術鑑賞を純粋に楽しく見るために大切なことを今回は記事にしてみました。

よろしければ是非読んでください。

 

 

美術鑑賞を楽しく見るために大切なこと。


やっぱり楽しんでみるためにはおなか一杯になりすぎないことが大事だと思います。

つまり欲張りすぎないということです。

一日にあまりたくさん見すぎると、疲れてしまってせっかくの素晴らしい作品もちゃんと頭に入ってこなかったりします。

人の集中力はある程度限度があるのでその中で無理せずに鑑賞すると、とても気持ちよく、楽しく作品を鑑賞することができます。

どんなにおいしいご飯でも食べすぎると、おいしくなくなったり、気分が悪くなるのと同じです。

 

頭の中に詰め込みすぎるのは、楽しく見る上ではあまりいい選択ではありません。

本当にちゃんと見るときは大きな美術館なら一つ、小さな美術館なら2つぐらいがおすすめです。

それぐらいなら無理なく楽しく作品を見ることができます。

 

 

他人の評価をあまり気にしない


美術館のコレクション展などを見ていると、とても有名な画家の絵画でも何がいいのかなと思うものもあれば、無名の人だけれどとても心に響く絵画もあります。

その時は自分の感受を大事にすべきです。

例えほかの人が酷評していたとしても自分がいいと思ったものは自分にとっていいものなのです。

人はそれぞれ違う環境で育ち違う性格を持っています、だから好みが違うのは当たり前のことなのです。

それを否定することは自分を否定してしまうことにもなりかねません。

 

 

それに名画というものは、絵だけではなくほかのいろいろな要因があって、評価されていたりします、時代背景や新しい技法を開発したり今までも常識をひっくり返したり、そういうことが評価されて名画と呼ばれているものもあります。

だから価値基準が人がいいと思うだけではなく、もっと複雑なのです。

けれどそういったバックボーンを知ってみると美術史が文脈となって見えてくるのでとても知的で面白かったりもします。

西洋美術が教養と結びつくのはそういった歴史との繋がりがあるからだったりもします。

歴史的意義を見て過去の出来事に思いをはせる、当時の人たちがいかに聡明で美的感覚に優れていたのか、私たちは絵を通していろいろなことを考える余白を見つけることができるのです。

その延長で一人一人の作家について調べてみると、もっと面白いです。

この作家はこんな時代を生きて、誰の影響を受けたのか、子供時代のエピソードなど。

時にはとびっきりの変人、奇人、狂人に出会うかもしれません。

カラヴァッジョなどは人殺しをしたことで有名です。

しかし彼の描いた絵は歴史に今なお輝く名画です。

カラヴァッジョ・闇にのまれた天才画家【芸術家紹介】

他にもモナ・リザを描いたダビンチなども万能の人としてとても有名です。

東京国立博物館モナ・リザ展、謎多き美女の来日

少しマニアックな楽しみ方かもしれません。

でも偉人伝など何かを成し遂げた人の人生は読んでいて面白いものだと思います

 

美術鑑賞の勧め


美術はよくわからないとよく言われます。

私も数多くの美術館に足を運んできましたが、よくわからないなと思う作品はたくさんあります。

でもそれでいいのではないでしょうか、今の時代は何でもかんでも調べればわかってしまう時代です。

だからこそわからない美術というものは価値があります。

本来物の価値なんてものはあやふやなもので簡単に変動します。

それを私たちはわかったつもりでいるだけではないでしょうか、わからないことについて自分なりに判断することは大切なことです。

それが正しかろうがそうでなかろうが、自分で考えるということには価値があります。

何故この作品はこんなに評価されているのか、それはある時代の風俗を見ることができるからかもしれません、その場合は歴史的価値があります。

そこには必ず誰かが何らかの価値を見出いしたのです。

その意見に賛成できる時があればそうでない時があるのも当然です。

明確な答えはありません、答えのないものに推論するということは思考力が必要になってきます。

物を鑑賞することは、答えが多すぎる現代において自分なりの意見をはぐくむうえでとても大切なことだと思います。

 

まじめな話になってしまいましたが、美術鑑賞は自分勝手にすきにみていいのです。

正解はありません、だから考えてみてください、自分なりの楽しみ方を。

みなさんも是非美術館に足を運んでみてください。

色んな発見と気づきに満ちていますよ!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*