オススメ美術漫画・ブルーピリオド【紹介】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

「俺はピカソの絵の良さがわからないから

それが一番スゴイとされる美術のことは理解できない

よくわかんない

俺でもかけそうじゃない?」

上の文章は漫画ブルーピリオドの冒頭で主人公の矢口八虎がキャンパスに向かいながら独白した言葉。

きっと多くの人がこの言葉に共感するのではないだろうか。

主人公の矢口八虎はいわゆる不良系優等生だ、見た目や行動は不良のように見えるが、中身はまじめで優等生、そしてリア充(爆発しろ)

そんなリア充がたまたま美術にひかれ、のめりこんでいく姿を描いたのが漫画ブルーピリオドだ。

始まり


八虎も初めは美術のことなど何も知らなかった、絵は才能で決まる、美術じゃ食べていけない、そんな風に誰もが思うように思っていた。

きっと読者は八虎の気持ちに共感できると思う。

美大は学費が高いから、美術をするのはお金持ちの子供だとか、美術の世界は変人の巣窟だとか、本当は全然知らないのにイメージでそんな風に認識している人が多いと思う。

ブルーピリオドはそんな思い込みや疑問を解消してくれる、これから美術の道に進みたいと思う人には是非読んで欲しいし、美術のことを知りたいけどどうすればいいかわからないという人にも読んで欲しい。

もし美術を予備校で学んだり、美大に通っている人なら、主人公や魅力的なキャラクター達の気持ちに絶対共感できると思うし、私たちと同じように悩みにぶつかる彼らを応援したくなる。

理想と現実そのはざまで悩みながら進んでいく彼らから、教われることが本当にたくさんある。

「好きなことは趣味でいい」これは大人の発想だと思いますよ。

漫画の中の美術の先生の言葉、こういったハッとするような言葉がブルーピリオドにはあふれている。

美大


国公立の美術大学は冗談ではなく、2浪、3浪が当たり前だ、才能があって本気で努力する人が普通に大学に落ちる、特殊な世界だ。

だいたい美術に明確な価値基準など存在していないのに、それを評価するという一種の矛盾を秘めている。

美術は教わる物なのか、天才は既存の教育からは生まれなのではないか。

答えのない問題をひたすら追い求め、ときに消えてしまいたくなるほど打ちのめされ、それでも進まずにはいられないそんな世界をブルーピリオドは生々しく私たちに見せてくれる。

作者


作者の山口つばささんは現役で東京芸大の油画に入られた鋭才だ。

実体験をもとにしている物語だからこそ言葉の一つ一つに、リアリティーがあり重みがある、そしてなにより絵がとても上手で構図のセンスも抜群なので、漫画がとても読みやすい。

 

マンガ大賞2020を受賞して、どんどんと勢いを増していく、ブルーピリオドこれからが楽しみです。

ぜひ皆さん読んでみてください!!!1~7巻発売中!!!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*