美術

オランダ黄金時代の画家レンブラント~その前半生~

レンブラント・ファン・レインは1606年にスペインから独立を成し遂げつつあり、繁栄の階段を上っていたオランダで生まれた。

レンブラントは正にオランダ黄金時代に生きた画家である。

製粉業を営む中流階級の子で9人兄弟の末っ子だったレンブラントは、家族から大きな愛情と期待を持って、育てられることになる。
他の兄弟は家業を継いだり、職人になったりする中一人だけラテン語学校に通わせてもらっていることからも両親の愛情と期待が感じられる。

この愛情がのちのレンブラントを大きく支えることになる。

続きを読む

美術鑑賞の勧め・楽しみ方編

私事ですが最近車の免許を取得しました。

これで今までは行きにくかった、少し遠方の美術展にも行けるようになったので、興味のある美術展には積極的に行くつもりです。

 

今までいろいろな美術展を見てきました。

好きな作家さんの個展を見に行くために東京に夜行バスで行ったりもしました。

疲れてふらふらで鑑賞した記憶があります。

 

そんな私が美術鑑賞を純粋に楽しく見るために大切なことを今回は記事にしてみました。

よろしければ是非読んでください。

 

続きを読む

【人間国宝紹介】前大峰・沈金を芸術の粋に高めた職人

漆芸の世界に沈金という加飾技法がある。

沈金は漆の塗膜の上を沈金刀という特殊な鑿で模様を彫りこみ、彫りこんだところに漆をひいて余分な漆をふき取る。

細かいペースト状の金を彫った溝の中に定着させる。(漆は接着剤のような効果を持っている。)

そしてきらびやかな彫りの世界が現れる。

その技術をもって人間国宝に認定されたのが前大峰(まえたいほう)だ。

 

続きを読む

絶対見たい名画/フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』【解説】

真珠の耳飾りの少女

こんにちは海外の美術館に行ってみたいヒロキです。

 

世界の名画を今回は紹介します。

私もいつか絶対に実物を見たいと思っています。

その絵とは日本でもとても人気のある画家ヨハネス・フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」です。

 

とても有名な絵なので知っている人も多いかと思います。

「真珠の耳飾りの少女」は誰が描いて、どんな絵でどこで見ることができるのか、来日する可能性などを調べてみました。

 

Let start!!

 

続きを読む

素晴らしい絵画を見て感じること、思うこと。【美術の話】

こんにちはヒロキです。

今までにたくさんの絵画を見てきました。

その中には引き込まれるような素晴らしい絵画が数多くありました。

歴史に名を残す人、今活躍している人、無名な人。

有名な人でも自分の好みには合わないなと思うこともあれば、無名でも心打たれるときがあります。

絵画に正解はありません、画家はみな自分の感情を表現するために試行錯誤しています。

そのもがきが時に宝石より美しい絵画を生み出します。

 

続きを読む

21世紀美術館・展覧会『美人画の雪月花』~感想~

先日金沢の21世紀美術館の市民ギャラリーAで開催されている、『美人画の雪月花』を鑑賞してきました。

古くから女性は美の対象として、多くの画家や絵師に描かれてきました。

『美人画の雪月花』では江戸から大正ごろまでの美人画を中心に、春夏秋冬で分けて展示されていました。

 

続きを読む