古き良きうちわの歴史≀オススメ【伝統工芸品紹介】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

夏の風物詩の一つうちわ、現代ではクーラーや扇風機の普及により年々その姿を見ることは減っているけれど、様々な模様があったりして、とても趣のある道具である。

江戸時代では絵の中にうちわが描かれたり夏を表すモチーフとしてよく使われていた。

 

うちわの登場


起源は江戸時代よりずっと古く、古代エジプトや古代中国の記録に残っているので、おそらくそれ以上前から存在していたと思われる。

古来は鳥毛や獣皮、ビロウや芭蕉の葉などで大型の物が作られていた。

権力者が部下に仰がせたりしている姿がイメージされる。

 

うちわの普及


現在のような形になったのは室町時代の頃で、庶民に日常生活道具として広く普及したのは江戸時代の頃だ。

江戸時代は文化の開花の時期で、木版技術の向上により様々な意匠が可能になり、粋なうちわが生み出された。

江戸時代のセンスの高さに驚かされる。

そこから近代に入り、プラスチックの登場により安価にうちわが生産されるようになり、企業の宣伝広告に使われたりするようになったり、アイドルのプロマイドに使われたり、いろいろな使われ方で今も活躍している。



ただ小型の扇風機や小型のファンの登場により、昔ほど重宝されなくなっている。

それでも古き良きうちわを今も作り続けている産地があり伝統工芸品にも指定されている。

 

日本三大うちわと呼ばれている。

千葉の『房州うちわ』

https://www.bosyudo.jp/

京都の『京うちわ』

 

【京うちわ】【阿以波】新小丸型うちわ うさぎ(紺) 夏飾り/伝統工芸品/あいば

価格:5,940円
(2020/8/11 22:05時点)
感想(1件)

香川の『丸亀うちわ』

 

丸亀うちわ 丸柄中・満月柄長「絞り雲竜・紺」46-805

価格:990円
(2020/8/11 22:09時点)
感想(0件)

しっかりと作られたうちわは、当たり前のことだが、タダでもらえるうちわとは違い、とても丈夫な作りがされており、風も気持ちがいい、クーラの風が苦手な人などはぜひ使ってみれば、ひんやりとした気持ちいい風に癒しを感じられるはずだ。

図柄もただおしゃれなだけではない、人は色によって様々な反応をするカラーセラピーという言葉があるほどだ。

ひんやりとした図柄のうちわは体感よりもずっと涼しさを感じさせてくれる。

日本の良き伝統文化を残すうちわを使ってみると想像以上に気持ちのいい物だ、この夏は粋にセンス良く過ごそう。

扇子だけに。

ひんやりしますか?

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*